So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
◇ 平和安全法 (安保法) ブログトップ
前の1件 | -

◆ 日本の軍事費過去最大5兆円で軍事力が世界8位。7位が韓国。3位の中国は21兆円。 [◇ 平和安全法 (安保法)]

防衛費過去最高の5兆2986億円
北脅威にらみ
イージス・アショアに2300億円

2018.08.31
(https://www.sankei.com/politics/news/180831/plt1808310055-n1.html )

防衛省は米軍再編関連経費などを含め5兆2986億円を計上し、平成30年度当初予算比2・1%増と過去最大の要求となった。


北朝鮮による弾道ミサイルの脅威をにらみ、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」2基分で2352億円を計上する。

新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」などに818億円を投じるほか、既存イージス艦や地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の能力向上も実施する。


6月の米朝首脳会談で朝鮮半島情勢の緊張は一時的に緩和されたが、政府は「北朝鮮の脅威は変わっていない」(高官)としてミサイル攻撃への対処力強化を進める構えだ。


安倍晋三首相が「死活的に重要」と強調する宇宙やサイバー分野にも予算を振り向ける。

宇宙状況監視システム(268億円)を取得するほか、通信衛星の整備・改修費(535億円)を盛り込む。

敵のサイバー攻撃に対処する「サイバー防衛隊」を現行の150人から220人に拡充する。


島嶼(とうしょ)防衛強化のため、航空・海上優勢の確保にも力を入れる。

最新鋭ステルス戦闘機F35A6機(916億円)や、敵の射程圏外から発射する「スタンドオフ・ミサイル」(73億円)を導入。海上自衛隊の新型護衛艦2隻(995億円)や潜水艦1隻(711億円)も建造する。

「島嶼防衛用高速滑空弾」の研究費(138億円)も盛り込む。このほか、大規模災害対応や人的基盤強化などの関連経費も計上した。





ちなみに、日本の軍事費の中には「沖縄の思いやり予算」というものも入っています。

その大半は、沖縄の米軍基地で働いている日本人の “お給料” に使われます。

会社やお店などにしても「人件費」という出費が一番大変で、その為に従業員を極力減らして過労死とか、人件費の安い途上国に移動とか、経営者は苦労してます (^^;


で、日本の軍事費の中でモノを言ってるのは、沖縄の思いやり予算だけではなく、「自衛隊員のお給料」というものがあります。

各国では「軍隊」ですから、お給料が安い。

でも軍隊を持ってはいけない日本では「自衛隊」で、警察に順ずる組織なんですね。


ということは、日本の軍事費の拡大に反対する人達は、
(1)米軍に頼らず、日本国は日本国民で守る。
(2)自衛隊を軍隊にする。
(3)人件費を安くするwww
なんてことも一緒に掲げなければなりませんよね?


しかし、日本国の隣りは、ロシア・北朝鮮(プラス韓国)・中国で、みんな「核兵器」を持ってますから、それから守るには、日本も核兵器を持たないと “対等” ではありません。


とかやってると、やっぱ、米軍基地があった方が安上がりかも?!




中国海兵隊2年後に3倍
(hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2018-09-01 )

世界の軍事力ランキング 2018!
世界最強の軍事国 TOP 30

(https://zatsugaku-mystery.com/military-strength-ranking/ )


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の1件 | - ◇ 平和安全法 (安保法) ブログトップ