So-net無料ブログ作成
◇ 加計学園問題 ブログトップ
前の1件 | -

◆ 【加計学園・認定!】 加戸さん、ついに 「いいかげんにせんか!」 と、言いたいそうです。 [◇ 加計学園問題]

安倍政権考
加戸隠しに躍起な朝日毎日
認可受け前愛媛県知事が激白
いいかげんにせんか!

2017.11.20
(http://www.sankei.com/premium/news/171120/prm1711200005-n1.html )

閉会中審査で参考人として答弁する加戸守行前愛媛県知事=7月10日、参院第1委員会室
閉会中審査で参考人として答弁する
加戸守行前愛媛県知事
=7月10日
参院第1委員会室



学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設が認可され、来春開学する。

学部新設をめぐっては
野党や一部のメディアが安倍晋三首相(63)の関与を追及するが、
ここにきて朝日新聞や毎日新聞が
「ゆがめられた行政が正された」と述べた
加戸守行(かと・もりゆき)前愛媛県知事(83)の証言の重要性を
否定する報道に舵を切った。

報道の公平性を指摘されてから加戸氏を取り上げ始めた両紙だが、
その発言の重要性を矮小化するなど「加戸隠し」の様相となっている。


両紙が加戸氏の発言について、
無視するか極端に小さい扱いで報道してきたことは
産経新聞で既報の通りだ。





さらに加戸氏の発言を重要視しないことへの「いいわけ」を始めたのは、
衆院選公示直前の10月8日、
東京・内幸町の日本記者クラブで行われた党首討論会において
首相から “攻撃” されてからだった。


首相は党首討論会で、
加計学園について質問した朝日の坪井ゆづる論説委員に対し、
7月10日の閉会中審査における
獣医学部誘致を推進してきた
・ 加戸氏のほか、
・ 八田達夫・国家戦略特区諮問会議議員の発言が
朝日の紙面でほとんど取り上げられなかったことを指摘した。


坪井氏は「(報道)しています」と返したが、
7月11日付朝刊では
朝日と毎日は加戸氏の証言は一般記事では掲載せず、
審査の詳報で触れただけだった。


朝日は党首討論会翌日の朝刊で、閉会中審査の加戸氏の発言について、
詳報記事で見出しをつけて報じたなどと反論した。

さらに、10月20日付朝刊では
坪井氏がコラムで「問題は特区の選定」とした上で
「選定の過程に関与していない加戸氏の記事が少ないのは
当たり前ではないか」と切り捨てた。


一方、毎日は同月20日付朝刊の「記者の目」の欄で
「『ゆがめられていた行政がただされた』という発言は、
判断のプロセスを知る立場でのものとは言えない」と強調した。


11月8日付夕刊では同紙の与良正男専門編集委員がコラムで、
首相が加戸氏の発言を取り上げていることに触れ
「7年前に知事を退任し、今回の選定に直接関与していない加戸氏の証言は
疑問の核心に触れたものではない」と断じた。


両紙では、これまで
官邸の不当な関与を主張する前川喜平・前文部科学事務次官(62)の証言を
大きく取り上げてきた。

ただ、両紙が指摘する
「選定の過程に関与していない」
という点では、
前川氏についても同じことが言える。


閉会中審査において、加戸氏は
「強烈な岩盤に穴が開けられ、ゆがめられた行政が正された」
と前川氏に真っ向から反論した。

多くのメディアが前川氏の主張を大きく取り上げる中、
県知事として
獣医学部の空白地帯である四国への誘致に取り組んできた
当事者としての発言だった。


また、選定過程に関与していなかったとして、
記事化を見送ってきたと説明する朝日だが、
実は6月21日付の愛媛版で
加戸氏のインタビュー記事を掲載していた。


記事では「誘致に向けて活動してきた」と加戸氏を紹介し、
「事柄の本質は、
愛媛でいかに(牛や鳥などの動物を扱う)公務員獣医師が足りなくて、
悲鳴をあげているかということ」
などの加戸氏の主張を載せた。


加戸氏は今月14日に
獣医学部新設が認可された後に行った記者の取材に対し
「朝日は愛媛版にインタビューを載せたが、
これまでの前川氏の100分の1にも満たない量だ。
今考えれば、アリバイづくりで記事を載せたのでしょう」
と笑いながら話した。


また、最近の自身に関する朝日や毎日の一連の報道については
「偏向報道の典型。
有罪判決を受けた人が言い逃れをしているようだ」
と語った。


獣医学部新設が認可となるまでの騒動に対しては
「まるで漫画や劇画を見ているようだった」
と振り返り、
「私はいくらたたかれてもいい。
長年訴え続けてきたことが達成されたのだから」
と述べた。


その上で、加戸氏は獣医学部新設認可について
「とにかく、やれやれという思いだ。
学部が新設されれば、今治に若者が集まり、活気が出る」
と期待を込めた。


一方、相も変わらず
官邸側の関与を裏付ける証拠を突き付けずに
「印象操作」のような(← いや、「ような」ではなく印象操作ですw)
追及を繰り返す野党や一部メディアの姿勢については
加計問題についてしつこくやられると、 
入学しようとしている若者にも影響が出る
いいかげんにせんか!と言いたい」  

と語気を強めた。(政治部 今仲信博)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の1件 | - ◇ 加計学園問題 ブログトップ