So-net無料ブログ作成
❒ 病むアメリカ、滅びゆく西洋 ブログトップ
前の1件 | -

◆ 病むアメリカ、滅びゆく西洋 ★ 目次 [❒ 病むアメリカ、滅びゆく西洋]

これが世界の終わり方
これが世界の終わり方
これが世界の終わり方
劇的ではなく、情けなく終わる
     ―― T・S・エリオット『うつろな人間』


パトリック・J・ブキャナン著
宮崎哲弥監訳
病むアメリカ、滅びゆく西洋
2002年12月5日 成甲書房


ふと思いついたように彼女は感傷的な笑みを浮かべ、
ヴィクトリア女王の戴冠式に仕えたという祖父の話をしはじめた。

「別世界の話だな」。彼は言った。

「別な文明よ」。彼女は訂正した。

「その文明のなかに私は生まれたの。
もう死んでしまったけれど―― 

消えたんじゃないわ、死んだのよ。生き物ですもの。
家族が基本の文明だったわ。
今は影も形もないけどね―― 

心安さも温かみもないばらばらの混沌社会。

もちろん、昔はすべてがよかったとは言わないわ。
無知と困窮の時代だった。

だけど、こんな無秩序えばらばらな世界にはすべきじゃなかった。
家族という土台をもっともっと大事にすべきだったのよ」

   ――ストーム・ジェイムソン『スティーヴン・ハインドの青春』1966年


目 次


監訳者解説 宮崎哲弥
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-22 )

日本版まえがき
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-22-1 )

序として
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-22-2 )


第一章 西洋の遺言
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-22-3 )
(1) 死に絶えるヨーロッパ
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-22-4 )
(2) ドイツはただ消え去るのみ
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-22-5 )
(3) テーマパークと化すイタリア
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-22-6 )
(4) ロシアに舞い込んだ不吉な報せ
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-22-7
 )
(5) 英国白人が少数化する日
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-22-8 )
(6) 日本の命運はパラサイト・シングルの手に
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-22-9 )


第二章 子供たちはどこへ消えた?
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-23 )
(1) 母を拒否する理由
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-23-1 )
(2) テレビに育てられた世代
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-24 )
(3) ニューエコノミー
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-24-1 )
(4) 家族賃金の終焉
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-26 )
(5) 『人口爆弾ヒステリー
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-26-1 )
(6) 跳梁するフェミニズム
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-27 )
(7) 「偉大なる世代の大衆文化
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-27-1
 )
(8) 道徳心の崩壊
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-28 )
(9) 死にかける守旧派
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-28-1 )


第三章 改革要項
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-30 )
(1) 人類史の癌
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-07-31 )
(2) 改革派にとっての真理
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-01 )
(3) 歪められた平等思想
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-04 )
(4) ヘイト・クライム
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-04-1 )


第四章 セラピー大国はこうして生まれた
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-11 )
(1フランクフルト学派アメリカ上陸
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-11-1 )
(2) 「政治的公正の大欺瞞
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12 )
(3) 革命はなぜ成功したのか
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12-1
 )
(4) 死の大行進はどこへ向かう
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12-2 )


第五章 大量移民が西洋屋敷に住む日
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-19 )
(1) カタストロイカ
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-19-1 )
(2) がために鐘は鳴る
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-19-2 )
(3) イランおよび湾岸
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-20 )
(4) ヨーロッパ―― デッドマン・ウォーキング
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-20-1 )
(5) 高齢化問題の最終解決策
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-21-1 )
(6) イスラエルおよび中東
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-23-1 )
(7) 予言への返答
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-23 )
(8) 隠喩メタファーとしてのイスラエル
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-24 )


第六章 国土回復運動レコンキスタ
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-08-30 )
(1) 誰がレーガンの融合政策をつぶしたか
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-09-01 )
(2) はたして国家とは何か?
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-09-02 )


第七章 新たな歴史を書き込め
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-09-04 )
(1) 発明される歴史
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05 )
(2) さらばコロンブス
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-09-06 )
(3) 真実省の暗躍
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-09-08 )
(4) オンリー・イエスタディ
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-09-17-1 )
(5) 新しい歴史
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-09-18 )


第八章 非キリスト教化されるアメリカ
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-09-20 )
(1) 攻撃の最前線
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22
 )
(2) ゲイの権利と公民権
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22-1 )
(3) 偉大なる試み
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-09-23 )


第九章 怯える多数派
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-10-11 )
(1) 「さあそろそろ交替だ!
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-10-12 )
(2) 二つのアメリカ
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-10-18 )
(3) 人種政治ゲームは終わらない
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-10-12 )


第十章 分断された国家
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-10-23-1 )
(1) 人口危機
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-10-25
 )
(2) 同化
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-10-25-1 )
(3) 主権問題
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-11-09  )
(4) 文化戦争
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-11-10 )
(5) 離脱方法はあるか
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-11-19 )
(6) 政治
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-12-01 )
  1. 傲岸不遜な司法
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-12-01-1 )
  2. 老兵は排除せよ
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-12-03 )
  3. 政治的公正の無視
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-12-03-1 )
  4. ヘイト・クライム・プロパガンダには真実をもって対抗せよ
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-12-03-2 )
  5. 中絶禁止法
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-12-03-3  )
  6. 市民のボイコット運動
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-12-03-4 )
  7. 国民発案と国民投票
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-12-03-5 )
  8. 文化革命の財源枯渇
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-12-03-6 )
  9. 自治デヴョリューション
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-12-03-7 )
10. 検閲
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-12-03-8 )
11. 歴史教育
  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-12-03-9 )


著者あとがき
―パトリック・J・ブキャナン

  (hawkmoon269.blog.so-net.ne.jp/2016-12-03-10 )



(Amazn )

  

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の1件 | - ❒ 病むアメリカ、滅びゆく西洋 ブログトップ