So-net無料ブログ作成
検索選択

◆ われは海の子 [日本あれこれ]

われは海の子
『尋常小学読本唱歌』(明治43年/1910年)
より
作詞: 宮原晃一郎(あるいは)芳賀矢一
作曲: 溝上日出夫
 



産経抄7月17日・海の日
われは護らん 海の国
GHQ指導で追放された文部省唱歌は・・・

2017.07.17
(http://www.sankei.com/column/news/170717/clm1707170003-n1.html )

♪ われは海の子 白浪の…。

「われは海の子」は、明治43年(1910年)の『尋常小学読本唱歌』に掲載されて世に出た。

作者不詳とされてきた名曲の作詞者が明らかになったのは、約80年後の平成元年である。


▼ 決め手となったのは、北欧文学者、宮原晃一郎の一人娘が保存していた手紙だった。

宮原は文部省の詩の懸賞募集に、「海の子」と題した作品を応募していた。

その入選通知が残っていたのだ。


▼ 平成12年(2000年)7月20日の「海の日」には、宮原の故郷、鹿児島市の海を望む公園に歌碑が建てられた。

「年末の第九のように、海の日には日本中でこの歌が歌われるようになればいい」。

除幕式では、こんな声が上がっていた。

大賛成だが、ただ一つ条件がある。


▼ 歌碑には、3番までの歌詞が刻まれている。

海辺に生まれ、たくましく育つ少年が主人公である。

実は歌詞はまだ続く。

少年はやがて鍛え抜いた体を持つ青年となり、大海原にこぎ出していく。

終戦後GHQの指導で文部省唱歌から追放されたのは7番の歌詞が原因だった


▼ ♪ いで大船を乗り出して われは拾わん海の富 いで軍艦に乗組みて われは護らん海の国。

この部分が、軍国主義を想起させるというのだ。

昭和33年(1958年)から再び教科書に載るようになったものの、3番までしか歌われなくなった。

久しぶりに全曲を聴いてみた。

やはり海洋国家、日本にふさわしい名曲である。


▼ 日本近辺の海底には、豊富な資源が眠っていることがわかってきている。

尖閣諸島周辺での領海侵犯を常態化させている中国の公船は、九州北部海域の領海にまで侵入を始めた。

海の富、海の国を守る覚悟をいよいよ固める時である。

今日の海の日」、「われは海の子を7番まですべて歌う日としたい。






われは海の子

一、
我は海の子白浪の さわぐいそべの松原に
煙たなびくとまやこそ 我がなつかしき住家なれ。

二、
生まれてしほに浴して 浪を子守の歌と聞き
千里寄せくる海の氣を 吸ひてわらべとなりにけり。

三、
高く鼻つくいその香に 不斷の花のかをりあり。
なぎさの松に吹く風を いみじき樂と我は聞く。

四、
丈餘のろかい操りて 行手定めぬ浪まくら
百尋千尋海の底 遊びなれたる庭廣し。

五、
幾年こゝにきたへたる 鐵より堅きかひなあり。
吹く鹽風に黑みたる はだは赤銅さながらに。

六、
浪にたゞよう氷山も 來らば來れ恐れんや。
海まき上ぐるたつまきも 起らば起れ驚かじ。

七、
いで大船を乘出して 我は拾はん海の富。
いで軍艦に乘組みて 我は護らん海の國。





尖閣巡視は日本の実効支配打破が目的
中国当局が表明
2012.03.21

(http://sankei.jp.msn.com/world/news/120321/chn12032120150002-n1.html)

中国『国家海洋局』の東シナ海管轄当局者が、2012年 3月 21日までに共産党機関紙『人民日報』のインタビューに答え、沖縄県尖閣諸島海域で 2012年 3月 16日に開始した「海洋調査船」の巡視活動について、「日本の実効支配の “打破” を目的にした “定期” 巡視」と表明した。


実効支配排除を明確に巡視目的として掲げるのは珍しい


中国には、「(日本の)実効支配が 50年続くと、国際法の判例で、尖閣諸島が日本の領土として定着しかねない」(日中軍事筋)との強い危機感がある。


尖閣諸島が
沖縄県と共に米国から日本に返還されてから
50年となる 2022年 5月が近づくにつれ

中国は強硬姿勢をエスカレートさせかねない情勢だ


中国国家海洋当局者は、インタビューの中で、「(50年間の)実効支配によって、(日本の領有権を定着させる) “時効” を(日本が)取得し、 釣魚島を搾取しようとする(日本の)たくらみを打破する」と力説した。(共同)



な、なんと!!


青森県沖中国公船の侵入を初確認
2017.07.17 20:01
(http://www.sankei.com/politics/news/170717/plt1707170013-n1.html )

青森県沖で航行が確認された中国海警局の船=17日(第2管区海上保安本部提供)
青森県沖で航行が確認された中国海警局の船=17日(第2管区海上保安本部提供)


第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)によると17日、青森県沖で中国海警局の船2隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。

2管本部は、この海域で中国公船の侵入を確認したのは初めてとしている。


2管本部によると、午前8時5分ごろから20分ごろにかけて、海上保安庁の巡視船が青森県の艫作崎沖の領海に海警局の船2隻が相次いで侵入したことを確認。

海保が無線で注意を呼び掛け、2隻は午前9時40~45分ごろにいったん領海を出た。


約2時間後、2隻は津軽海峡の竜飛崎沖の領海に再び侵入、午後3時20~25分ごろに領海を出た。



[霧][船][霧][霧][霧]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。